歯のホワイトニングをするなら歯医者さん?それとも自宅で安くすませる?

美容的な観点から、歯を白くしたいという女性はたくさんいると思うのですが、具体的にどうやって歯を白くするのか、その方法に悩むという人も多いはずです。

まず、一番有名な方法としては、歯医者さんへ行ってホワイトニングの施術を受けること。審美歯科だけではなく、ふつうの歯医者さんでもホワイトニング施術をしているところもあるようですので、興味があるなら通っている歯医者さんで尋ねてみるのもいいでしょう。

ただし、歯医者さんでのホワイトニングは保険の対象外ですので、すべて自費で行うことになります。歯医者さんによって価格はまちまちですが、だいたいトータルで3万から6、7万円くらいまでの幅で考えておけば間違いないでしょう。この値段の幅というのは、その歯医者さんでの価格設定にもよりますが、通う回数などによっても変わってきます。どのくらい白くしたいのかを歯医者さんと相談して、それに必要な施術回数で行うことになります。

また、1回ホワイトニングをしたら一生白い歯をキープできるというわけではありません。当然またその後に飲み食いをすればその汚れと日々蓄積していきます。なので、数年に1回は通うという前提で受けるべきでしょう。

そして、歯医者さんに薬剤と専用のマウスピースを処方してもらって、あとは自宅で自分で行うホームホワイトニングというものもありますね。歯医者さんに何度も通うのが難しいには人気となっています。

ただし、いずれにしても最初の1回は診察&薬剤とマウスピースの処方のために歯医者さんへ行かないといけませんし、料金も通常で2万円~5万円くらいはかかるところがほとんどです。

そして、歯医者さんへ行かなくても自宅で簡単にできるホワイトニングとして今圧倒的に人気が高いのは、市販のホワイトニング歯磨きを使って行う方法です。

ドラッグストアなどでも最近では多くの「ホワイトニング専用」という歯磨き粉や歯磨きジェルが並んでいるのを見かけるのではないでしょうか。それだけ、歯の白さを気にする人が増えているということでしょう。

こうした自宅でできるホワイトニング歯磨きは、歯医者さんのホワイトニングとは根本的にやり方が異なっています。歯医者さんのホワイトニングというのは、漂白剤入りの薬剤で歯を白くするというもの。これは危険性も高いので、扱えるのは歯医者さんのみとなっています。法律上、市販の商品で漂白剤入りの歯磨きを販売することはできないんですね。

では、漂白剤が使えない、自宅で自分でできるホワイトニング用の歯磨きにはどういう仕組みで歯を白くするのかというと、歯のよごれを強力に落とす成分が入っていて、それが歯にこびりついた汚れや黄ばみを落としてくれるのです。

なので、1回の歯磨きで真っ白な歯になるということは残念ながら無理。ですが、時間をかけてコツコツと続けることによって、自然な白さの歯を取り戻すことができるというメリットもあるのです。

高くても短期間で歯を白くするか、それとも安く着実に自然な白さの歯を手に入れるか、目的や予算に応じてホワイトニングの方法を選ぶのがよさそうですね。

PR:ホワイトニングは自宅が安い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です